医療従事者のみなさま向け
オリンパス医療ウェブサイト:消化器内科

医療従事者のみなさま向けオリンパス医療ウェブサイト:消化器内科

上部消化管汎用ビデオスコープ

GIF-XZ1200

高倍率光学ズーム搭載。
より精度の高い観察をサポートする、
上部消化管拡大内視鏡です。

  • 最大125倍の高倍率・高画質拡大観察をサポート

    最大拡大倍率125倍*1の光学ズームを搭載し、対象病変をこれまで以上に高倍率で拡大観察をサポートします。

    また、高感度CMOSイメージセンサーの採用により、ノイズが少なくハイビジョンを上回る高画質(HQ画質)で観察することができ、さらに質の高い拡大診断をサポートします。

    *1 OEV321UH使用時

    • 白色光観察画像

    • NBI観察画像(最大倍率)

  • 高速面順次

    毎秒120回の高速スキャン方式*2を採用。

    加えて、緑色(G) を多く点灯させ、最適な画像処理を行うことで、色ずれが軽減された高品質な画像取得を実現します。

    *2 高速スキャンによる面順次式走査はCV-1500との接続時のみ可能です。

  • ErgoGrip

    より優れたユーザビリティを追求した、新たな操作部を搭載。

    軽量化に加え、アングルノブ設計・スコープスイッチ形状・ボタン位置などを見直すことで、操作性の向上・検査時のストレス低減に貢献します。

実際の使用例(静止画)

    中遠景観察(NBI) 左:GIF-XZ1200、右:GIF-H290Z 

    拡大観察(NBI) 左:GIF-XZ1200、右:GIF-H290Z 

製品仕様

光学系 視野角 通常観察時:140°(WIDE)
拡大観察時:87°(TELE)
視野方向 0°(直視)
観察深度 通常観察時:7~100mm 拡大観察時:1.5~3mm
挿入部 先端部外径 ø 9.9mm
先端部拡大図
軟性部外径 ø 9.9mm
有効長 1030mm
鉗子
チャンネル
チャンネル最小径 ø 2.8mm
最小可視距離 2mm(内視鏡先端から・通常観察時)
内視鏡画面上での処置具の見え方
副送水 チャンネル 副送水の視野内での見え方
湾曲部 湾曲角 Up 210° / Down 90° / Right 100° / Left 100°
全長 1350mm
互換システム ビデオシステムセンター CV-1500(EVIS X1)
ビデオシステムセンター CV-290 高輝度光源装置 CLV-290SL, CLV-290(EVIS LUCERA ELITE)

製品情報

販売名 上部消化管汎用ビデオスコープ OLYMPUS GIF-XZ1200
医療機器番号 302ABBZX00054000
カタログ

取扱説明書

操作編

洗浄/消毒/滅菌編

添付文書

製造販売元 オリンパスメディカルシステムズ株式会社

Contact

製品のデモ依頼やWeb面談など、
各種お問い合わせはこちらからお願いします。

pagetop