医療従事者のみなさま向け
オリンパス医療ウェブサイト:消化器内科

医療従事者のみなさま向けオリンパス医療ウェブサイト:消化器内科

十二指腸ビデオスコープ

TJF-Q290V

安心で安全な胆膵内視鏡治療のために
新世代の十二指腸ビデオスコープ

より安心で確実なマニュアル洗浄をサポートします。

十二指腸スコープのマニュアル洗浄においては、確実なブラッシングや送液が必要です。TJF-Q290Vはマニュアル洗浄のより高い効率性を実現するため、スコープの先端部や鉗子台の構造を大幅に見直しています。

  • ディスポーザブル
    先端カバーを採用
     

    TJF-Q290Vは、スコープ先端部に簡単にセットアップが可能な着脱式ディスポーザブル先端カバーを採用しました。これによりカバーのリプロセス作業が不要になっています。
     

    オリンパス:十二指腸ビデオスコープ  TJF-Q290V ディスポーザブル 先端カバーを採用

    ディスポーザブル先端カバー
    MAJ-2315

  • 鉗子起上ワイヤーの内装化、
    鉗子起上ワイヤー管路の廃止
     

    TJF-Q290Vは鉗子起上ワイヤーを内装化し、鉗子起上ワイヤー管路を廃止しました。これにより鉗子起上ワイヤー管路への送液作業が不要になりました。
     

    • TJF-260V

    • オリンパス:十二指腸ビデオスコープ  TJF-Q290V 鉗子起上ワイヤーの内装化、 鉗子起上ワイヤー管路の廃止

      TJF-Q290V

  • 先端送液アダプターが
    送液をサポート
     

    OER シリーズには、TJF-Q290V 用の洗浄チューブが用意されています。この洗浄チューブをお使いいただくことで、鉗子台周りに直接アルカリ洗剤と過酢酸消毒液が送液されます。

    オリンパス:十二指腸ビデオスコープ  TJF-Q290V 先端送液アダプターが 送液をサポート

    先端送液アダプター
    MAJ-2319

  • 内視鏡洗浄消毒装置OER
    シリーズ用洗浄チューブ
     

    TJF-Q290Vは、スコープ先端部に簡単にセットアップが可能な着脱式ディスポーザブル先端カバーを採用しました。これによりカバーのリプロセス作業が不要になっています。

  • オリンパス:十二指腸ビデオスコープ  TJF-Q290V 内視鏡洗浄消毒装置OER シリーズ用洗浄チューブ

コンセプトは「LIKE JF」

TJF-Q290Vは「LIKE JF」をコンセプトに、JFスコープのカニュレーション性能とTJFスコープの高い処置性能を両立させた新世代の十二指腸ビデオスコープです。4.2㎜の大口径チャンネルを有しているため使用できる処置具のバリエーションが豊富でありながら、乳頭の正面視や微妙なスコープ操作はJFスコープのような操作性を実現しています。

JFスコープのような処置具突出をサポート

TJFスコープは大口径チャンネルの影響で、JFスコープより処置具が突出する際の傾きが大きくなっていましたが、TJF-Q290Vはこの処置具が突出する際の傾きの角度をJFスコープと同程度まで小さくしました。これによりJFスコープのようなカニュレーション性をサポートしています。

オリンパス:十二指腸ビデオスコープ  TJF-Q290V JFのような操作性を実現
  • 湾曲部長の短縮でアプローチ性が向上
     

    JFスコープとTJFスコープの湾曲部長は、わずかにTJF スコープの方が長かったため、 湾曲半径はTJFスコープの方がのほうが大きくなっていました。TJF-Q290Vでは湾曲部長をJFスコープと同程度に短縮したため、TJFスコープでありながらJFスコープ並みの湾曲半径を実現しています。

高い基本性能を備えた、新世代十二指腸スコープ

2つの固定方法が選択的に使えるDual Lock機能
 

鉗子台と先端部品の形状の改良により、TJF-Q290Vは2つのガイドワイヤー固定機能を搭載しています。

  • センターロックの固定強度UP
     

    鉗子台を起上させて、ガイドワイヤーをガイドワイヤー固定溝と鉗子チャンネル内の先端部品で挟んで固定します。鉗子台と先端部品の形状を改良することで固定強度を強め、細いガイドワイヤを固定しやすくなっています。
     

    オリンパス:十二指腸ビデオスコープ  TJF-Q290V Dual Lock機能
  • サイドロック機構搭載
     

    鉗子台を起上させて、ガイドワイヤーを先端部品と鉗子台の側壁で更にきつく挟んで固定します。鉗子台の側壁で固定するため、センターロックよりも強い固定強度が得られます。また、ガイドワイヤーが上方向にあおられてもガイドワイヤ固定が外れにくくなっています。

    オリンパス:十二指腸ビデオスコープ  TJF-Q290V Dual Lock機能
  • 高伝達挿入部
     

    TJF-Q290Vでは、手元側の押し引き、トルクがスコープ先端部まで伝わりやすい構造となっています。これにより、よりストレッチ操作や狭窄突破がし易くなることが期待されます。また、ステント挿管・排石など、処置性の向上にも貢献します

  • オリンパス:十二指腸ビデオスコープ  TJF-Q290V 高伝達挿入部
  •  

     

     

    Q-imageによる高画質化
     

    TJF-Q290VはQ-image対応CCDの搭載により従来より高精細でクリアな画像を実現しています。

    • オリンパス:十二指腸ビデオスコープ  TJF-Q290V Q-imageによる高画質化

      TJF-260V

    • TJF-Q290V

製品仕様

光学系 視野角(最大対角) 100°
視野方向 105°(後方斜視)
観察深度 5~60mm
挿入部 先端部外径*1 ø 13.5mm
先端部拡大図
1 吸引兼鉗子口
2 送気・送水ノズル
3 対物レンズ
4 照明レンズ
5 鉗子台
6 ガイドワイヤー固定溝
7 先端リング
軟性部外径 ø 11.3mm
挿入部最大径*1 ø 15.8mm
有効長*1 1240mm
鉗子チャンネル チャンネル径*2 ø 4.2mm
チャンネル最小径 ø 4.15mm
最小可視距離*3 10mm
内視鏡画面上での処置具の見え方
送気・送水ボタン 送気時送気量*4 25㎤/s
湾曲部 湾曲角 UP : 120°
DOWN : 90°
RIGHT : 110°
LEFT : 90°
全長*1 1560mm
互換システム ビデオシステムセンター CV-1500(EVIS X1)
ビデオシステムセンター CV-290 高輝度光源装置 CLV-290SL, CLV-290(EVIS LUCERA ELITE)

 

*1 ディスポーザブル先端カバー(MAJ-2315)装着状態 *2 公称値 *3 内視鏡の先端部からの距離 *4 CLV-290SL(送気圧強)使用時の目安

 

製品情報

販売名 EVIS LUCERA ELITE 十二指腸ビデオスコープ OLYMPUS TJF-Q290V
医療機器番号 230ABBZX00102000
カタログ

取扱説明書

操作編

洗浄/消毒/滅菌編

ガイドワイヤー固定操作を行う場合の注意点

添付文書

製造販売元 オリンパスメディカルシステムズ株式会社

Contact

製品のデモ依頼やWeb面談など、
各種お問い合わせはこちらからお願いします。

pagetop