医療従事者のみなさま向け
オリンパス医療ウェブサイト:消化器内科

医療従事者のみなさま向けオリンパス医療ウェブサイト:消化器内科

小腸ビデオスコープ

SIF-H190

深部への挿入をよりスムーズに
進化したシングルバルーン内視鏡

  • 従来と同じ外径*のスコープに3.2mmの鉗子チャンネルを搭載

    SIF-H190は、従来と同じ先端外径ながら3.2mm径のワイドな鉗子チャンネルを搭載。処置具を挿入した状態でも充分な吸引性能を保ちます。

    *従来機種 SIF-Q260

  • オリンパス:小腸ビデオスコープ  SIF-H190 3.2mmの鉗子チャンネルを搭載
  • 「受動湾曲」・「高伝達挿入部」搭載により進化した操作性

    腸管にスコープがあたると自然に曲がる「受動湾曲」機能を搭載。小腸内の急峻な屈曲部もスムーズに通過し、検査効率の向上と患者さまの苦痛軽減に貢献します。
    また、「高伝達挿入部」は押し引き・捻りの動作を効率的に先端部に伝えるため、診断・処置中でも操作や位置決めのしやすさをサポートします。

  • オリンパス:小腸ビデオスコープ  SIF-H190 「受動湾曲」・「高伝達挿入部」搭載により進化した操作性
  •  

     

     

    鮮明でクリアなHD画像

    SIF-H190は、高精細CCDを先端部に搭載。より鮮明でディテールの豊かな内視鏡画像により、観察精度の向上に寄与します。

    • SIF-H190×EVIS X1

    • オリンパス:小腸ビデオスコープ SIF-H190 EVIS X1との組み合わせ画像

      SIF-Q260×ELITE

    • オリンパス:小腸ビデオスコープ SIF-H190 EVIS X1との組み合わせ画像

      SIF-H190×EVIS X1

    • SIF-Q260×ELITE

製品仕様

        

光学系 視野角(最大対角) 140°
視野方向 0°(直視)
観察深度 3~100mm
挿入部 先端部外径 ø 9.2mm
軟性部外径 ø 9.2mm
有効長 2,000mm
鉗子チャンネル チャンネル径 ø 3.2mm
最小可視距離 3mm(内視鏡先端部からの距離)
内視鏡画面上での処置具の見え方
湾曲部 湾曲角 Up 180°/Down 180°/Right 160°/Left 160°
全長 2,280mm
互換システム ビデオシステムセンター CV-1500(EVIS X1)
ビデオシステムセンター CV-190Plus(EVIS EXERAⅢ)

製品情報

販売名 EVIS EXERA III 小腸ビデオスコープ OLYMPUS SIF-H190
医療機器番号 302ABBZX00066000
カタログ

取扱説明書

操作編

洗浄/消毒/滅菌編

添付文書

製造販売元 オリンパスメディカルシステムズ株式会社

Contact

製品のデモ依頼やWeb面談など、
各種お問い合わせはこちらからお願いします。

pagetop