医療従事者のみなさま向け
オリンパス医療ウェブサイト:消化器内科

医療従事者のみなさま向けオリンパス医療ウェブサイト:消化器内科

超音波消化管ビデオスコープ

GF-UE290

操作性・挿入性の向上を追求した
新たなラジアルEUS

先端部の短縮・スコープ外径の細径化を実現

ラジアルEUS に求められる、操作性・挿入性の向上により、質の高いEUS 診療をサポートします。

オリンパス:超音波消化管ビデオスコープ GF-UE290 先端部の短縮・スコープ外径の細径化を実現

深達度の向上により、質の高いEUS 観察をサポート

EUS 画質の改良により、B モード・THE モードの深達度を向上させています。深部の観察能向上を追求することで、質の高いEUS 観察・診断をサポートします。

オリンパス:超音波消化管ビデオスコープ GF-UE290 深達度の向上により、質の高いEUS 観察をサポート

ユーザビリティに優れた設計を追求

  • 先端部デザイン

    独自のDカットデザインにより、先端バルーン溝へバルーンバンドが残ってしまった場合でも、取り外しが容易になっています。また洗浄ブラシが突出し、先端での視認が可能になっています。

  • 着脱可能な超音波接続ケーブル

    超音波接続ケーブル(MAJ-2056)の採用により、ケーブルの取り外しが可能となっており、検査前後の取り扱いや、洗浄がより簡便に行えます。

製品仕様

内視鏡機能
光学系 視野角 100°
視野方向 50°(前方斜視)
観察深度 3 ~ 100mm
挿入部 先端部外径 ø 13.4 mm
先端部拡大図
1 照明レンズ
2 送気・送水ノズル
3 対物レンズ
4 吸引兼鉗子口
5 超音波探触子
6 バルーン用吸引口
7 バルーン用注水口
軟性部外径 ø 10.9mm
挿入部最大径 ø 14.7mm
有効長 1250 mm
鉗子チャンネル チャンネル径 * 1 ø 2.2mm
チャンネル最小径 ø 2.15mm
最小可視距離 * 2 5 mm
内視鏡上での処置具の見え方
送気送水ボタン 送気時送気量 * 3 20㎤ /s
湾曲部 湾曲角 UP 130°
DOWN 90°
RIGHT 90°
LEFT 90°
全長 1563 mm
互換システム ビデオシステムセンター CV-1500(EVIS X1)
ビデオシステムセンター CV-290 高輝度光源装置 CLV-290SL, CLV-290(EVIS LUCERA ELITE)

 

*1 公称値 *2 対物レンズからの距離 *3 CLV-290SL(送気圧強)使用時の目安

 

超音波機能(EU-ME2 PREMIER PLUS/EU-ME2 接続時)
走査モード Bモード、FLOWモード、PWモード、THEモード※、
ELSTモード※、CH-EUSモード※
走査方式 電子ラジアル走査方式
走査方向 スコープ挿入方向に対して垂直
送波周波数 5、6、7.5、10、12MHz
走査角度 360°
超音波画像抽出法 バルーン法、脱気水充満法

 

※EU-ME2 PREMIER PLUS と接続した場合にのみ使用可能、EU-ME2 では使用不可

 

製品情報

販売名 EVIS EUS 超音波消化管ビデオスコープ OLYMPUS GF-UE290
医療機器番号 231ABBZX00011000
カタログ

取扱説明書

操作編

洗浄/消毒/滅菌編

添付文書

製造販売元 オリンパスメディカルシステムズ株式会社

Contact

製品のデモ依頼やWeb面談など、
各種お問い合わせはこちらからお願いします。

pagetop