医療従事者のみなさま向け
オリンパス医療ウェブサイト:消化器内科

医療従事者のみなさま向けオリンパス医療ウェブサイト:消化器内科

バイポーラRFAシステム

CelonPOWER

バイポーラ方式による肝RFAを実現

バイポーラで期待される、侵襲の軽減

  • CelonPOWERは、先端に2 つの電極を持つバイポーラ方式のアプリケータを採用。対極板が不要なため、過熱による熱傷リスクが低減されます。楕円球状に限定された電流経路の範囲だけを凝固するため、臓器損傷リスクの低減と、患者さんの発熱や発汗の軽減が期待されています。

  • 電極間の距離が近いことで、エネルギー効率が向上し、より短時間での凝固が期待されています。内部に冷却水を還流させアプリ
    ケータの温度上昇を抑える構造で、炭化や通電障害を防止します。

  • RFAの可能性を広げる、マルチポーラ

    バイポーラ方式により、アプリケータを3 本まで同時に通電するマルチポーラが可能になりました。これにより、広い範囲を一度に、また腫瘍を挟み込むように凝固することができるようになりました。
    さらに高精度の出力コントロール(RCAP)により、短時間で効率的な凝固が期待されています。

    穿刺した全ての電極間で順番に高周波出力を行っていくため、
    アプリケータ間にも、しっかりと凝固が及びます。

  • RCAPによる高周波出力の自動制御

    電極間の電気抵抗値をモニタリングしながら、変化に応じ高周波出力を自動的にコントロールするRCAP(Resistance Controlled
    Automatic Power)により、出力中のマニュアル操作が不要です。

  • 肋間付き肝臓穿刺ハンズオンモデル
    「Mrs.Pola」

    病変の描出、穿刺から焼灼まで実施頂けるハンズオンモデルです。
    肋間が付いていることにより、臨床に近い状態で複数本のアプリケータ穿刺が可能です。

    ページ上方のお問い合わせボタンよりお申し込みください。

製品仕様

バイポーラRFA電源装置(CelonLab POWER)

高周波出力方式バイポーラ式
基本周波数470KHz
医療電気機器に
よる製品の分類
電撃に対する保護形式クラスⅠ機器
電撃に対する保護程度BF形装着部
電源入力定格電圧100~240V交流
定格周波数50/60Hz共用
定格入力380VA
大きさ寸法幅436×高さ175×奥行335mm
質量本体12kg フットスイッチ1kg
質量本体12kgフットスイッチ1kg

プロサージアプリケータ

製品名 モデル名 電極針の長さ 電極部の長さ
プロサージアプリケータ100-T20 WB990212 100mm 20mm
プロサージアプリケータ100-T30 WB990213 30mm
プロサージアプリケータ100-T40 WB990214 40mm
プロサージアプリケータ150-T20 WB990215 150mm 20mm
プロサージアプリケータ150-T30 WB990216 30mm
プロサージアプリケータ150-T40 WB990217 40mm
プロサージアプリケータ200-T20 WB990218 200mm 20mm
プロサージアプリケータ200-T30 WB990219 30mm
プロサージアプリケータ200-T40 WB990220 40mm
プロサージアプリケータ250-T30 WB990221 250mm 30mm
プロサージアプリケータ250-T40 WB990222 40mm

製品情報

販売名 バイポーラRFAシステム CelonPOWER
医療機器番号 22400BZX10027476
カタログ

取扱説明書

添付文書

製造販売元 オリンパスメディカルシステムズ株式会社

Contact

製品のデモ依頼やWeb面談など、
各種お問い合わせはこちらからお願いします。

pagetop